プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

はじめまして!
学校を卒業して、旅行会社に就職。その5年後に家業の飲食店を継ぎました。さらにその7年後に、再び旅行業界へ。副業として約10年間、海外添乗員の仕事をしつつ、家業を営んでいました。添乗の副業を辞めて、家業一本で働き出しても、すでに13年。今では、父母に、嫁と3人娘との7人家族の大所帯です。光陰矢のごとし。今年でお店も30年になります。お客様のご支援がなければ、とてもこれだけの長きに渡って、お店を維持してゆくことは、できなかったものと大変ありがたく思っています。これからも、チェーン店にはない地元に根付いたまごころ精神で頑張って行きます!よろしくおねがいしま~す.

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« まだまだ続く、厳冬ガマン道…ブルルッ!皆さん、お達者で!! | メイン

2013年4月19日 (金)

湯村温泉に行ってきました

●長かった寒さもようやく和らぎ、cloversun陽光うららかなる春本番ですね~。ご機嫌いかがですか?さて、テレビのCMで、よく流れているspaUリゾート。土日に行っても7,800円と格安料金なので私ども金欠ファミリーには願ってもない好条件。このところ年一度くらいは利用しています。先月も、湯村温泉にあるUゾートグループの『三好屋』に、家族と親戚の10名のグループで行ってきました。なんでもUリゾートの最近の人気ランキングで、この『三好屋』さんがNO.1になったとか。●湯村温泉といえば、吉永小百合の主演で人気を博したNHKドラマ『夢千代日記』の舞台になった温泉地。と、いうわけで夢千代人気にあやかってあちこちに夢千代云々と表記された観光施設や喫茶店、お土産物があり、あろうことか、温泉地を囲む山の上にも「夢」と書かれたどデカい看板があり・・・唖然!●一日目は天気sunも良く、街を散歩したり、森林に囲まれたホテル内の露天風呂を楽しんだりして、のんびりと過ごしましたが、次の日は打って変わっての悪天候。rain雨とtyphoon風があって、申し込んでいた浦富海岸の島巡り遊覧クルーズshipのオプションも早々と中止に。当初は、沢山あった申し込みもキャンセル続出で、キャンセルしなかったのは私のグループのみ。ミニバスも貸切に。とりあえず船着き場へ。小さな船をかろうじて出航してもらい20分ほどのミニクルーズを体験しました。餌付けされ、群れたカモメに追走され「かっぱえびせん」を放り投げると海面すれすれを飛びながら、狙いを定め、それをうまくクチバシでキャッチするのです。本当に、お見事!これを体験できただけでもキャンセルしないで良かったと思いました。日本で5つしかない世界ジオパークのひとつ山陰海岸地域の浦富海岸もwave展望台から見せてもらいました。ちなみにジオパークとは国際的に認められた地質学自然公園を意味しています。入江の複雑な素晴らしい眺望でした。●最後に今回の宿泊で感心し、勉強させてもらったことが一つ。『三好屋』さんは、川を隔てて、山を背にした形で立っているのですが、行きも帰りも大型バスbusが一台通れるか通れないくらいの小さな橋を渡ってホテルまでの往来をします。その橋までの距離がホテルから200メートルほど。橋を渡って後方にホテルを見て、ユーカーブを描く形で移動するバスは家々や建物に遮られ、一旦、ホテルの姿は見えなくなります。再び対岸に姿を現わす川向こうのホテルを見ると、ホテル出発時から橋を渡り終える間、手を振ってくれていたホテルの従業員の方たちが、マッチ棒ぐらいの大きさにしか見えなくなってもまだpaper手を振ってくれていたのには感激!バスの中でも歓声が上がっていました。これこそまさにwinkサービス業の真髄を見る思いになりました。もうすぐG・W。皆さんも良き旅で、何か新発見を!

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

大喜 のサービス一覧

大喜